Archive2016年05月 1/4

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

損得勘定の算盤人間

No image

時間に捉われること無いというところも、これあるんだけれども、ねぇー。時間というのは、日に寺って書いて、これ照ら(てら・寺)すんだねー、うーん。分かる?寺、お寺さんの寺だね。その様な言霊になってるでしょ、寺(照ら)はね。うん、神社も寺もね、これね、うん、どちらかにね。どちらも同じ、実は、ぶっ飛びの話をしますが、御存じの方もいらっしゃいますけれども、同じ方々をお祀りされているんです、ハハハ。これはね、...

  •  0
  •  -

エステは、救いの手

No image

何故、この地場(じば)というもの。これが清浄である。清らかなる氣というもの、これ光満ち溢るる地場に変化させるには、この正常。つまり、整理、整頓、そしてこの清らかなる美しき神の氣、こちらの氣に変化させる。この様に、地場は清浄に満ち溢るる中においての、この光の氣。こちらの「気」ではなくて、こちらの「氣」。所謂これは、目に見えて分かるものなり。その様に、次元上昇の度に、整理、整頓、そして清潔にするば、これ...

  •  0
  •  -

文字に御霊(みたま)あり

No image

本多くん、どっちがいい?サンサンと輝く人生、ね。散々(サンザン)とこれ、ハハハ、「サンザン」ていうと、散々な目に会うって言うんだよ、面白いよ、これね。サンが、残念だっていう事になっちゃうんだよね、本当に。同じ様に太陽の光浴びてもね、あー気分がいいなーってね。今日は、とってもいい天気だーってね。まあ、天気の場合はそう思いますけどね、皆さんね。雨でね、あーいい天気だって言う人って、そういないんだよね。...

  •  0
  •  -

神の学校の優等生とは

No image

人の命というもの、これ、計り知れなく、己が自身の人生、どの位の長さかという風に思えどもこれ、計り知れないという事なりよ。人には、「サイクル」というものがあり。輪廻転生の多い者、何度も何度も生まれ変わり、もって修行のこれ回数というものが、多いか否かという事。然れどもこれ、輪廻転生無しという者は、一人も無し。このサイクル、自分自身が選べなきものというのを、これ多くありて、否、殆どの森羅万象全ては、神が...

  •  0
  •  -

縁深しは、心の距離

No image

早くしろの、この早くがね、そう日に十字って書いてね、そう早くって言いましたけれども、まさしくこれね、日の神様がね、早く来なさい、早くね、気付きなさい、ね、この様にしての早く、ねえ。時間というのものは、ね、時はよく金なりと言うけれども、大事にこれ使わせて頂かないと、与えられてるもんだからね、うーん。時はホントに金なりですよ、ねえ。でも、これね、ハハハ、スムースにいかないってね、こうノロノロよーくして...

  •  0
  •  -

古(いにしえ)は、十(カミ)の口

No image

黙想致します、「黙想」っていう言葉は、黙々とこれ、この「黙」(もく)という字。所謂、人は皆どこから生まれたか。古里、古里はこれ、いにしえの里。懐かしき生まれし故郷(こきょう)。誰もが懐かしく、そして、又はいろんな各々の思いはあれども、生まれた所というのは、これ想い出深き所である。今世のこれ古里、どこで生まれ、そして誰に出会い、縁で繋がりて、これは自らの思い通りの縁、それは、ハハハ、自分には分からぬ...

  •  0
  •  -

発するは、元から来る

No image

ね、今の世の中ってのいうは、神社とお寺、これ、まさしくね、これなんだわ。見てー、ねー、ゴーンゴーンとなる音ね。ゴーンゴーン、てこれね、ゴーだよ、GO(ゴ―)ねえ。そして、鈴は、リンリンリン、ね、リンリンリンと鳴るんだー、ねえ。神の音(ね)、神音(かね)、凄いね、この音ねー。綺麗だよね、落ちつくねー。そしてね、神様はこのいろんな霊(たま)ね、結び霊もその一つ、ねえ。万物万霊の御霊(みたま)というもの...

  •  0
  •  -

祈りは、神の「意乗り」

No image

えーと、色んなこれ、多くの教え、これは押しつける教え(押しえ)では無し。何も強制強要は無しという事なり。自らがこれ、受け皿となりて賜わるもの、光の言霊というものなり。何度も申すがこれ、光は同様に与えておっても、受け皿によりて賜わる御意図(みいず)は違うという事だ。疑う者、または恐れる者、または批難批判する者などは、光は入らぬという事。この様に、押しつけがましく思う、人それぞれではあるが、これ、神の...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。