Archive2017年01月 1/4

一般常識は、実は非常識であり、神の教えが真の常識なり

No image

持って生まれた、よく性格というが、各々に与えたるもので、生まれた時から、これ、変わらぬものという事。一生、輪廻転生、何度繰り返し、生まれ変わりても、容姿、殆ど変わらぬし、これ、不動なるものだ。という事は、今の持ち合わせている性格が、過去世でも同じだったという事。もって、その性格一人とて、この世に同じ者は、おらぬという訳だ、うーん。自分の性格、これ、気にいろうが、いまいが変えれぬ訳であるから、まあ、...

  •  0
  •  -

コントロールから、早く目覚めよ

No image

今年になってからは、生活のリズム、これ、変わりて、このリズムというものは、とても大事でありて、所謂、早寝早起き、この「早い」という字、「日の神」と書く、ハハハ、うーん、という文字霊である。知っていたかな?タケル「はい」であるから、神の御意図(みいず)というもの、遅寝、遅起きの者よりも、賜わう事が許される訳だ、うーん。所謂、太陽エネルギーであるが、そこで、この前にも何度も申したが、日の出のエネルギー...

  •  0
  •  -

心の成長により、神の大慈、又は大悲となるなり

No image

神が言うの「計らい」(計という字、十はカミ、言うと書く)、神は常に計りたまいて、これ、相連動する三位一体なる御仕組み(みしくみ)という、常に常に、その折その折に、よは瞬時瞬時にと、まかり通るという風に、仕組みが起こって来る訳だ。所謂、「必然」という事だ、うん。与えられるもの、全て、「必ず然り」という事だ。いいにつけ、悪いにつけ、意味がある。神が、そうさせている。であるから、「神は残酷なり」と申す者...

  •  0
  •  -

囲碁の如く、白黒ハッキリした世界なり

No image

思う通りにいかないという事、多々ある。それは、人はある程度、自分はこの様にしようという風に、願望を持つ訳であるが、これ、あらゆる現象というのは、周りと共に連動している訳であるから、うーん。思う通りにいく場合もあるし、無い場合もあるという事。何が起こるや分からないのが、一寸先という訳である、うーん。であるから、これ、流れに沿うしか、勿論、無い訳であるが、出来うれば思う通りにしたいというのが、人という...

  •  0
  •  -

「利他愛の船」が、箱舟なり

No image

流れというものがあり、それは幾ら計画しても、その流れというものに逆らえないのが、人生である。それは、「神の流れ」である。例えば、A地点に行こうとする。然れども、こと何か起こりては行く事が出来なくなり、仕方無いので、その用事によってB地点に行く事になった。それが効を成し、良かったとなる場合もあるし、これ、人生、川の流れ、己は船だとすると、その流れというもの、それしか無い訳である。よは、思う通りに行こ...

  •  0
  •  -

身に美しいと書く「躾」、心も美しく、己を躾よ

No image

人というのは、これ、思いの仕方次第で、まあ、「体の成長」というのは、赤子から生まれ、子供そして大人へと成長し、まあ、時期が来れば成長も止まり、そして段々と老いていく訳であるが、これ、ま、それが成長と申すが、「心の成長」というのは、これは、限りが無い訳である、うーん。心掛け次第で幾ら様でも、これ、今ある心根から、少しでも成長しようと思わば、出来うる訳である。これは、そういった意識を持たねば、成長があ...

  •  0
  •  -

心の「三毒」、「貪」(とん)、「瞋」(じん)、「痴」(ち)

No image

本日は、特別、夜になったという事で、夜の10時10分から開始する訳であるが、充充(じゅうじゅう)という数霊、十十(とうとう)、父(とと)の数霊である。又、これは、神が認むからなる訳でありて、最も大事なる数霊である。十月十日(とつきとうか)と申す。はい、お腹の中の子供は?タケル「はい、十月十日(とつきとうか)」うーん、これ、偶然であろうか?ん?十月十日(とつきとうか)という風に、日の神、月の神、という風になる訳...

  •  0
  •  -

己れの中の悪を吐き出す事が、想念転換なり

No image

ポンプの様に、吐き出す毒素、ま、体内のあらゆる毒素というもの、排出させる。それが、一つに咳があるが、これ、悪想念も同じ様にポンプで吐き出す。この様な妙法は、何だと思う?はい。タケル「……浄化です」ま、浄化が吐き出す訳であるから、所謂、悪想念を吐き出す、うん、妙法は、ま、それは、想念の転換である。まずもって、自分の中に悪を見い出し、ま、それが、そのままで良いのなら構わぬが、自分を少しでも高めよう、人格...

  •  0
  •  -