スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日の神・松永亜鈴

健和富が、幸せの三拍子

『日神理神示(ひかりしんじ)』 平成三一年一月二十九日

タケルは、何を書こうと、神がしているか、分かっておるなーとなる、はい。
タケル「参です」
ハハハ、この字。
(参と書かれる)
何を思うだろうか、はい?
トンチトンチだ、はい?
タケル「ムに大」
ムに大は?
タケル「無限大」
そうだー。
三位一体なる世界が、無限大となっている。
この世の中は、実にサンサンと輝く日のエネルギーを賜わりての、三位一体なるみ仕組み。
馳せ参じるの参、また生まれるの産、散々な目に合うの散、ハハハ。
タケル「(笑う)」
サンサンと輝くサンだ。
無限大というのは、限りが無いという事だ。
それを表す形霊が、はい?
タケル「メビウス」
横のメビウスと、はい?
タケル「縦のメビウス」
永遠に、この仕組み。
これは四つ葉のクローバーに似ているなー。
幸せの象徴だー、となる。
上と下、左と右、このみ仕組みというものは、相反するものが、まさしく十字に組むという風なるメビウスが、「十文字メビウス」となる。
無限大なる宇宙、果たして永遠に壁というもの、無いのであろうか。
限りなく、という限りが無いという事。
どこまでが神界で、どこまでが霊界、そして、どこまでが現界となっているか。
そういう事も、相即相入と申しては、相連動しているが、その仕組みは、こちらからは全く見当もつかない様になってはいる、うん。
しかし、神の教えでは、必ずこれ、影響し合っているという風に、神界から霊界、そして現界へと、その上から下に連動している順番だ。
神の仕組みがあるからこそ、こちら側は、仕組まれるという風になるわけである。
次元上昇の今は、不思議と思える事、多くなってきているだろうと、それぞれ、これ奇跡、又は奇妙と思える事を与えているが、そこで悟る者と、未だもって信じ得ぬ者、疑う者と分かれている状態。
神は、この限り、見限りというもの、もう見限るわけだ。
もう我慢も限界。
それが、七度目の最後の審判だ。
今迄は、永遠と言われている様に、生まれ変わってきたのが、また生まれ来れなくても、霊界におる者、霊界にいながら、現界の者と繋がっては、憑依、又は地縛霊という修行を与えられていると色々だが、これ、素晴らしき神世に近き文明を作るのが、初めからこれ、計画されていた事だ。
始まりの時からだ。
で、大まかなる地殻変動するぐらいの、大天変地異は、七度目だよ。
これから、これから、これから、それはみんな同じではない。
眠りながら目覚めたら、「和の文明」という者もおれば、ハハハ。
フタを閉められているのもおる。
本当に、これから、この差というものが、あまりにも大きい。
だからこそ、差取り。
今のうち差取るだ。
どれだけ、差取るかだ。
サトルというのは、どういう事?はい。
タケル「神様との差を取る」
そうだー、うーん。
そして、小さき吾ではなく、神との差を取る。
(悟るという字は、小さい吾と書く)
見返りになる前に、出来うる限り、想念を神に近付けていく。
お傍にお傍にお傍に、近付けていくわけだ。
いい事、そうでない事、正法、そして逆法。
両方を持ち合わせているのが、現代。
色んな事において、そうなっている。
二者択一となるわけであるが、これ、如何に正しい方を選ぶのが許されるかだ。
縁ていうのは、限りがある。
決まった面々となる。
そして、それに関わりては、物事も限られている。
だからこそ、常に常に正しき知識というもの、意識して、これ、入手しよう、学ぼう、知ろう、悟ろう(差取ろう)、実践実行しては、自分自身も、相手も、少しでも正しき方向に向かわせて頂く。
常に、正しい方を選ばせて頂く。
そこが大事。
神は、この世は、無理無駄ムラというものは、本来無しと申す。
一見その様でいて、実は敢えてそうさせる。
まあ、限界というものも、勿論ある。
皆が、天皇陛下になりたいと思っても、そうは難しいとなるがこれ、心の建て直しというのは、いくらでも無限大となっているわけだ、うん。
役目は決めれているから、そういう事は難しい。
総理大臣になりたいと思っても、まあなりたくないであろうが、これ、ハハハ。
限りがあるわけだ。
いい暮らしとは、何であろうか?
おおよそ頭に浮かぶのは、金持ちだ。
金があれば、自由、好きな物が買え、好きな事ができて、好きだ所に行ける。
それはそれは、至福であろうという風に思うであろうが、果たしてそれだけが、幸せなのだろうかとなる。
幸せとは 健やかなる事、和する心だ。
暮らしていけるぐらいは、富を得る事だ。
「鍵和富」(けんわふ)、これはスバルが昔、この現代に生きてた頃に、教えとして与えていた。
鍵和富の教え。
健やかというのは、心も健やかだという事。
真っ直ぐなる思いで、真ス直で、下座の行という事だ。
和する心というのは、これ、いざかいの様な事が、トラブルの様な事が起こったとしても、自分自身は、和する心を忘れずに実行する事。
そして、富は決してあり余るだけの大金持ちにという事では、全くない。
安心して暮らせるだけのもの、富を得る事。
心配のなき様に暮らせる事を、富と申す。
これが、まあ「幸せの三拍子」とあるが、それぞれ幸せだなあと思える事、皆違うわけであるから、 そう思える時が、光放つ時だ。
好きな事をするという事。
好きな食べ物を、食べるという事。
行きたい所に、行けるという事。
気のおけない仲間達と一緒に、お茶したり、お酒を飲んだりするという事。
等々、人によって楽しいと思える事、幸せだなと思える事は、色々だ。
心というのは、いつも柔らかく、がんじがらめでない様に、確かに色んな、この世の中というのは、規則規則規則という中に暮らしているわけであるが、心は柔軟性をもっていくという事だ。
柔軟性というのは、人に対して、その者に対して、相応でお付き合いという事だ。
小さな赤ちゃんに、小難しい話をしても、分かるわけがないとなる。
TPOとよく言うが、相手が何を望んでいるのか、どんな話なら聞く耳を持つのか。何を悩んでいるのか、何を望んでいるのか、何が困っているのか。
その様にして、相手に応じて、心を柔軟性を持って、 接していくという事だ。
それが、心を接するの「心接」(しんせつ・親切)と申すなり。
誰もがみんな、同じものを興味はない。
興味がない事を話シても、聞く耳は持たぬとなる。
本当はそんな話、聞きたくもないなという波動を出されると、せっかくの良き事でも、逆に相手は迷惑となるやもしれぬわけだ。
神の教えは正しいよと、自分で思っても、相手がどういう話を、これ、聞く耳をもって、聞いてくださるかという事だ。
分かりやすく、相手が興味を引く様な話から入らせて頂くという事。
臨機応変、相手に合わせる事だ。
心を接するの「心接」は、相手の心に合わせる事だ。
スポーツが好きな者、芸術が好きな者、それから、他にも色んな分野がある。
まあ、精神世界に興味を持つか、持たないかで、話し方を変えていく。
所謂、相手の心に、どこまでも合わせるわけだ、うん。
本当にこれ、大事。
十人十色、百人百色だ、ハハハ。
誰一人として、同じ者は、この世にはおらぬ。
それぞれの浄化が、本格化するが、これ、後ろに憑いておる者が、必死」だという事を、忘れぬ事だ。
早くに、なるべく早くに、霊障解消が許される様に、まずは自分のお詫びの気持ち、感謝の気持ちが、御霊たちにも伝わるわけであるから、体の浄化、心の浄化、そして魂の浄化。
全部繋がっている、これは。
全部全部全部、全部繋がっている。
体の浄化っていうのは、お風呂に入って、体ゴシゴシの事を申しておるのでは、勿論なし。
だから、これを、神がするとしよう。
風邪を引かせる、体の浄化だ。
魂は、誰がするの?
タケル「神様です」
そうだー。
心は誰がするんだ?
タケル「自分です」
そうだー、心だけ、自分になっているんだ。
ほらほら、風邪引きたくて、わざと引いたら、それは何もならない、ハハハ。
自然と頂くのが、体の浄化。
こう見てみると、心だけとなる、ハハハ、うーん。
自分が、自らがこれ、分けみ魂となって、色んな者たちが関わっているわけだ。
色んな時代の、色んな理由で関わっている。
そうしては、色々と浄化が起こってくる。
後ろに憑いている者たちが、救われていけば、自然に自分も救われるという、この順番だ。
だから、この者の心を、この御霊たちは見ているわけだ。
憑いている御霊たちを、憑依霊。
一人や二人という数では、全くない。
特に戦国武将は、一人そういう御霊が憑いていたら、後ろに、右にならえの家来たちが憑いている事が多い。
だからこそ、自分自身の心根を正しく、正す事、うん。
タケル「はい」
霊的に物事を考える事。
何でも、霊的だ。
起こる事、既に既にこれ、既という字は、即という風に字が似ているが、常に即対応せねばならんのが、霊的に物事を考えるという思考の持ち方だ。
「ああ、どなたかが、お辛い」
「自分自身が痛い所、苦しい所、辛い所が、御霊さん、もっとお辛いのだなー」
どの時代に、どの理由でというのは分からなくとも、
「あー 早く救われるといいなー」という思い。
それが、ものすごい肝心だ。
お詫びの気持ちというのは、ごめんなさいという思いは、ま、これで許せる者も中にはおるかもしれぬが、
「そうか、そんなに詫びているか。じゃあ、もう恨むのは、よそう」、という御霊も、多くおるわけだ。
だから、謙虚な気持ちというのは、大事だという事だ。
謙虚だ、謙虚謙虚、謙虚謙虚。
横柄の反対が、謙虚。
徹底した、お詫びの想念で、なるべく早く、浄化を乗り換えよ。
今日は何日?
タケル「 今日は、29日だ」
これは、何時何分?
タケル「38分です」
私は、日の神。

日の神様    2019年1月29 夜11時11分~11時38


同じ浄化を頂いている方、例えばこれを、例で言えば、風邪にしましょう。
風邪が、今流行っている。
一人は、全くもってこれね、現実的なる考え方の人だから、
「ああ、薬。病院行って、医者に診てもらって、薬もらってこよう」、ね。
「注射の一本でも打ってもらおう」、うん。
そういう考え。
そうじゃなくて、
「あ、体の浄化、今来てるんだな。風邪は寝て治せとなる。汗をたっぷりかいて、横になって休もう」
「食べたいものを食べたいだけ、飲みたいものを飲みたいだけで、ぐっすりと休めれば、元気になる」、という考え方。
本当に違うんだ。
風邪は、何度も私は、話してますけれども、毒素排泄の大事なる、これ風邪という症状。
敢えて、薬で止めてしまうから、毒は抜けないどころか、薬毒まで積んでしまう、ね。
本当に、そういう事になってしまいます。
出来うればね、風邪、感謝でね、寝て治しましょう。
タケル「はい」
(タケルさん、この日、風邪をひいてる)
はい、主晴(スバル )。

主晴様   ~11時42分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。